ベテラン獣医師が解説!犬種別かかりやすい病気や症状と治療方法

MENU

獣医師おすすめのドッグフード

犬種特有のなりやすい病気や症状まとめ

日本国内では多くの犬種がペットとして飼育されてます。雑種ではない、いわゆる血統書付のワンちゃんにはそれぞれの犬種特有のなりやすい病気があります。

 

決してそれぞれの犬種を否定するわけではなく、紹介している犬種のワンちゃんを飼っている方に病気予防の参考にしていただければと思っています。

 

飼育頭数の多い犬種について紹介しています。
犬種別 ミニチュアダックス チワワ
トイプードル シーズー フレンチブルドッグ
ポメラニアン ミニチュアシュナウザー 柴犬

もし予防できない病気だったとしても、あらかじめなりやすい病気について分かっていれば早めに気づくことができるはずです。

 

ミニチュアダックスに多い病気

 

人気犬種であるミニチュアダックスは遺伝的になりやすい病気が多い犬種でもあります。

 

ミニチュアダックス

 

ひどくなると歩くことが出来なくなる椎間板ヘルニアになりやすいことは有名です。軽度の椎間板ヘルニアは内服の治療を行いますが、重症時は早急に手術をする必要があります。

 

また目や耳のトラブルも多く、若齢でも白内障が見られたり、いつのまにか徐々に目が見なくなっていく進行性網脈萎縮、角膜を傷つけることもある逆さまつ毛、耳のふちが脱毛する耳介血管炎などもよく見られます。

 

デンタルケアを怠ると歯の根っこに膿が溜まる根尖膿瘍になり顔が腫れて痛むこともあります。

 

チワワに多い病気

 

チワワに特に多い病気としては水頭症やドライアイ、膝蓋骨内方脱臼があります。

 

チワワ

 

水頭症は無症状の場合も多いのですが、頭の形や左右の黒目の方向が気になる場合は水頭症の可能性があります。

 

角膜が潤い不足になるドライアイや膝の関節に負担のかかる膝蓋骨内方脱臼には痛みを伴う場合もありますので早めに受診しましょう。

 

トイプードルに多い病気

 

トイプードルには外耳炎、糖尿病、骨折などがよく見られます。しかしこれらのトラブルは予防することも可能です。

トイプードル

 

外耳炎は定期的な耳のケアで、糖尿病は適切な食事管理で、骨折は環境を整えることによって回避することができます。

 

シーズーに多い病気

 

愛らしい性格が人気のシーズーですが、意外とかかりやすい病気が多くあります。

 

シーズー

 

小型犬に多く見られる心臓病である僧房弁閉鎖不全症、尿石症などはよく見られます。

 

また鼻ぺちゃで大きな丸い目が特徴ですが、角膜に傷がつきやすい顔つきのため目のトラブルも多く見られます。

 

また皮膚もデリケートでアレルギーや真菌からくる皮膚病に悩まされていることもよくあります。

 

フレンチブルドッグに多い病気

 

フレンチブルドッグをはじめとした短頭種は熱中症に気を付けてください。

 

フレンチブルドッグ

春先でも車内で熱中症になることがあります。暑さ対策は万全にしてください。

 

皮膚に湿疹が出るとなかなか治らないことも多く、なるべく症状の軽いうちから治療を始めるようにしてください。

 

ポメラニアンに多い病気

 

ポメラニアンのしつこい咳には気を付けてあげてください。

 

ポメラニアン

 

気管虚脱という慢性の病気の可能性があります。気管虚脱になってしまった場合は気管への負担を軽くするような配慮が必要です。

 

ミニチュアシュナウザーに多い病気

 

若いのにやせているミニチュアシュナウザーは肝臓のトラブルを抱えているかもしれません。

 

ミニチュアシュナウザー

 

食後に気分が悪そうにする場合は特に要注意です。高齢になるとシュウ酸カルシウム尿石の患者さんも多くなる傾向です。

 

柴犬に多い病気

 

柴犬に多い病気として認知症や皮膚病があります。

 

柴犬

 

柴犬は病気に強いイメージがありますが意外と皮膚はデリケートです。皮脂でべたついたり、真菌感染から起こる皮膚病が慢性的に続くことも多いので、薬用シャンプーを定期的に行ったり、皮膚の健康に配慮された食事を与えてください。

 

高齢になると人間同様、認知症の症状が現れることが多いのは柴犬をはじめとする日本犬やその雑種のワンちゃんです。

獣医がすすめる安心の無添加ドッグフード